姿勢工房ストレッチングオフィス代表のLIFELOG



野球肘について【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (金, 15 12月 2017)
投球動作は、肘のMCL(尺側側副靭帯)に大きな負荷(外反ストレス)をかけます。 MCL損傷の外科的処置としては、トミージョン手術が、よく知られています。 この手術は通常、長掌筋腱か足底筋腱を移植してMCLを再建します。 MCLの損傷を予防する為の最善策は、投球数の制限です。 特に学童期においては、投球数を慎重に管理することが大切です。
>> 続きを読む

前屈時の腰痛【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (金, 27 10月 2017)
前屈時の腰痛【太もも裏の硬さが原因の場合】の特徴。 ・前屈動作の最初から股関節が屈曲する。 ・上部腰椎や胸椎の屈曲は少なく、下位の腰椎のみで屈曲が起こる。 ・骨盤が、ほぼ前傾しない。   ◇屈曲の起こっているレベルの腰椎では椎間板後方の開きが大きく、後方伸展ストレスを強く受けます。
>> 続きを読む

平背/椎間板ヘルニア【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (金, 27 10月 2017)
平背(フラットバック)は、背骨のカーブが少なく真っ直ぐな姿勢です。 一見、背筋が真っ直ぐで美しい姿勢に見えます。 【側方から見た時、理想的な脊柱は ゆるやかなS字カーブです】   この姿勢は、腰部の椎間板後方が引き伸ばされるストレスを受けやすいので、ヘルニアの方に多い姿勢の一つです。
>> 続きを読む

O脚の改善方法【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (金, 27 10月 2017)
膝蓋骨が内側を向いている内股タイプのO脚改善概要   ◇ストレッチ部位: 股関節内旋筋群(大腿筋膜張筋・小殿筋など)・大腿四頭筋・長、短指伸筋・第3腓骨筋・長、短腓骨筋   ◇トレーニング部位: 股関節外旋筋群(梨状筋・大腿方形筋など)・後脛骨筋・膝窩筋・長母指屈筋・長指屈筋
>> 続きを読む

姿勢は左右対称が良い?【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (金, 27 10月 2017)
姿勢が左右対称である事のメリット。   ①重力に対して、最も小さいエネルギー(モーメントが小さい)で立位を維持する事が出来る。 身体に対する負荷が少ないという事です。 ②美しく見える 「左右対称である事が、人の美的判断の重要な要素」である事は各種研究で明らかになっています。   一方で、姿勢を機能性という観点から見ると、文字を書く・ジャンプをする・ボールを投げる など、右半身は動作・左半身は支持(右利きの場合)として、右半身と左半身は別々の運動をする場面が多くあります。   より、機能的な身体であるためには、左右それぞれの特徴に特化した特徴を持つ必要があります。   右半身と左半身は、筋肉・関節・靭帯などの特徴に沢山の違いがありますが、一番わかりやすい(体感しやすい)のは、関節の伸展度です。   関節は伸展が強いほど安定性が高くなりますので、身体の支持を担当する事が多い左半身の方が伸展が強くなります。   左右の手の平を比較すると、右手の方が掌が深い人が多いと思います。   肘や膝を限界まで伸ばしきってください。 伸ばしきった最後の最後、左の肘膝の方が伸ばしきる感覚が強いと思います。   身体の支持を担当する事が多い左半身の方が伸展が強くなる傾向があります。   サーフィンなどの横乗り系のスポーツには 左足を前にするレギュラースタンス 右足を前にするグーフィースタンス 2種類あるのですが、圧倒的にレギュラースタンスの人が多いです。   ある調査では レギュラー89% グーフィー11%だそうです。   なぜ左足前の人が多いのか?   サーフィンなど横乗り系のスポーツでは、前に置く足が軸足、後ろに置く足は利き足となりボードのスピードなど微調整を行います。   左半身は支持する事に適応しているので左足を前にして軸とするレギュラースタンスの方が身体を使いやすい為、圧倒的に多いです。   左右半身の特徴の違いは回転にも影響します。   多くの人が、反時計回りの方が回転しやすいと思います。   これは、左足を軸(左半身は支持に特化している)にして回転する方が回転しやすいからです。   陸上のトラック・スケートリンク・野球・コンビニ・フィギュアスケートのジャンプ など
>> 続きを読む

無分離すべり症による腰痛【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (金, 27 10月 2017)
58歳女性のクライアントさんから腰痛で困っているという ご相談を頂きました。   整形外科で、「腰椎4番の無分離すべり症」という診断を頂いています。   無分離すべり症は、分離すべり症とは異なり椎間板の変性でおこります。 *変性とは、組織や細胞の性質が変化し、その機能を失う状態です。   姿勢は、腰椎後弯です。   腰椎後彎は、椎間板後方(背中側)が伸張、前方は圧縮されます。 その結果、前方が圧縮された楔形に力を受け続けます。 前方が圧縮された楔形は、滑り台のような形ですので、その上を椎体(背骨)が前方へ滑ってくると考える事が出来ます。
>> 続きを読む

坐骨神経痛/足のしびれと痛み【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (金, 27 10月 2017)
【症例】右下肢(大腿と下腿の後面)の強い痛みとしびれ。 病院の診断は坐骨神経痛。   姿勢は体幹の回旋(ねじれ)が強く、骨盤前傾、右下肢内旋。   姿勢と坐骨神経痛との関連を考察すると、梨状筋の過伸展による影響が疑われます。 梨状筋は緊張だけでなく、過伸展で悪影響を出すことも多いです。   梨状筋が最も伸展する姿位(背臥位で股関節を屈曲 大腿部を内旋 内転)にして痛みが増せば、このケースの可能性が高いです。 梨状筋過伸展の影響による症状は、臀部をストレッチすると悪化する可能性がありますので注意してください。
>> 続きを読む

人体の第3のテコ【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (金, 27 10月 2017)
第3の「てこ」は、力点が支点と作用点の間にある「てこ」です。   力には不利ですが、運動の速さは有利です。   人体では、遠位セグメントを回旋させる筋は、ほとんどが第3の「てこ」のシステムの一部です。   肘関節の屈曲を例にすると 支点:肘関節 力点:上腕二頭筋の付着部 作用点:前腕の重心点 となります。  
>> 続きを読む

人体の第2のテコ【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (木, 26 10月 2017)
第2の「てこ」は、支点と力点の間に作用点(荷重点)がある「てこ」です。   棒を支点にして大きな岩を動かそうとする時が、この状態です。   人体での 第2の「てこ」は、外部の運動力に対して偏心的に接触する筋、又は遠位が固定している時に近位セグメントに作用する筋のいずれかで発生します。   人体には第2の「てこ」は殆どないのですが、つま先立ちの状態が例になります。 支点:中足指節関節部 力点:下腿三頭筋(アキレス腱) 作用点(荷重点):足関節前方の重心線の通過点
>> 続きを読む

人体の第1のテコ【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (木, 26 10月 2017)
第1の「てこ」は、支点が作用点と力点の間にある「てこ」で、シーソーが良い例です。 シーソーは4つの力を受けています。 「人Aの接触」「人Bの接触」「楔の接触」「重力の接触」です。第1の「てこ」のシステムは、2つの合力が軸の片側に その軸から離れて加わり、反対側の回旋を生みだします。   人体には、第1の「てこ」は殆どないのですが、前腕の動き「肘頭の三頭筋の力で前腕の回旋が作られる」が、第1の「てこ」です。  
>> 続きを読む

人体のテコ【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (水, 25 10月 2017)
人体は、「てこ」のシステムの集合体です。 「てこ」は、小さい力を大きい力に変えたり、小さい距離を大きい距離に変える働きがあって、支点を中心に回転させることによって、円運動が起こります。   人体の直線的な動きや、曲線の動きも 分解すれば大小の円運動の組み合わせによって表現されています。   【三重県伊勢市整体理論】
>> 続きを読む

スウェイバック姿勢の腰椎分離すべり症【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (水, 25 10月 2017)
スウェイバック姿勢の腰椎分離すべり症の特徴は、運動中に痛みが出る事が少なく、運動終了後に腰痛が出る事です。   腰の負担を軽減し、分離症による痛みを回避する(特に腰部伸展を避ける)姿勢として、スウェイバック姿勢を再構築していますので、運動中に痛みが出る事は少ないです。
>> 続きを読む

腰椎分離すべり症【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (水, 25 10月 2017)
腰椎分離すべり症の典型的な姿勢は、骨盤前傾・腰椎過前彎です。 腰椎に強い負担がかかる姿勢です。   稀に、スウェイバック姿勢で腰椎分離すべり症の方がいます。 スウェイバック姿勢は、腰椎のストレスが小さい姿勢なので、分離すべり症の痛みを回避する為に、後に再構築した姿勢と考えられます。
>> 続きを読む

骨盤前傾腰椎前弯の腰痛【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (火, 24 10月 2017)
◇立位で腰痛あり、膝を曲げると消失 ◇背臥位(仰向け)で腰痛あり、膝を曲げると消失 ◇腰痛でお悩みの方で、上記特徴に該当する方は、骨盤前傾 腰椎前彎の可能性が高いです。   このタイプは腸腰筋の柔軟性低下がある事が多いので、腸腰筋のストレッチで痛みをコントロールできる可能性が高いです。
>> 続きを読む

立ち仕事の腰痛【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (火, 24 10月 2017)
立ち仕事が多い方からのご相談。 ◇立っていると腰に強い痛みがある、座っていると痛み無し。 ◇ポイントになる立位座位の違いから、股関節の伸展屈曲の影響と予想できます。   立位「股関節伸展」で、腰部にストレスを与える可能性が高いのは腸腰筋です。   腸腰筋短縮による腰椎前彎の腰痛が疑われます。
>> 続きを読む

膝外側の痛み「サッカー」【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (月, 23 10月 2017)
【症例】膝の外側の痛み「サッカー選手」   ◇立位及び背臥位(あお向け)で膝を伸ばせない状態で、無理に伸ばそうとすると激痛。   ◇座位では、ひざの伸展が痛みなく可能。   ◇このケースのポイントは、股関節の屈曲と伸展の違いですので、大腿筋膜張筋の関与が疑われます。
>> 続きを読む

膝痛の改善方法【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (月, 23 10月 2017)
膝に痛みがあり、腰椎後彎・骨盤後傾姿勢の方は、膝関節伸展モーメントを減らし、膝関節の負担を減らす事を検討する必要があります。   この姿勢パターンで膝痛の方は、 ◇腰椎伸展・ハムストリングスのストレッチ。 ◇腸腰筋・内側広筋の強化。 で改善が期待できます。
>> 続きを読む

膝の痛み「骨盤後傾」【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (日, 22 10月 2017)
腰椎後彎・骨盤後傾は、重心が後ろ(背中側)にあるため、ひざ関節伸展モーメントが非常に大きく、ひざ関節に大きな負担がかかる姿勢です。   更に、骨盤後傾の運動連鎖で、ひざ関節 屈曲-内反-内旋 となり、ひざへの負荷を強くします。   ひざ痛で悩んでいる方は、姿勢を見直す事も大切です。
>> 続きを読む

お腹を突き出している姿勢の改善【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (土, 21 10月 2017)
「骨盤の前方移動」いわゆる「スウェイバック姿勢」の典型的なパターンは、外腹斜筋と腸腰筋の弱化、ハムストリングスの柔軟性低下です。   このパターンの場合、外腹斜筋と腸腰筋のエクササイズ、ハムストリングスのストレッチで改善が期待できます。
>> 続きを読む

アキレス腱炎について【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (土, 21 10月 2017)
アキレス腱炎の診断を受けている方は、「骨盤の前方移動」いわゆる「スウェイバック姿勢」が多いです。   この姿勢タイプは、足関節の伸展(底屈)モーメントが大きくなりすぎ、アキレス腱に負担がかかる典型的な姿勢です。   骨盤を後方に戻す事で、アキレス腱の症状緩和が期待できます。
>> 続きを読む

骨盤後傾とオスグッド【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (金, 20 10月 2017)
骨盤後傾とオスグッド。   骨盤後傾は、大腿四頭筋が過伸張する傾向があります。   その為、膝屈曲可動域減少や膝の下部に負荷をかける可能性が高いです。 このケースは、大腿四頭筋ではなく、ハムストリングスをストレッチすることで大腿四頭筋の過伸張やオスグッドの痛みを緩和出来る可能性があります。
>> 続きを読む

オスグッドと大腿四頭筋【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (金, 20 10月 2017)
オスグッドにおける大腿四頭筋柔軟性低下の原因は、大腿四頭筋の短縮か過伸張(伸ばされすぎ)の主に二つです。   一般的には、オスグッドには大腿四頭筋のストレッチですが、現場では大腿四頭筋の短縮、すなわち大腿四頭筋のストレッチが適応になるケースは案外少なく、過伸張の方が多い印象です。
>> 続きを読む

オスグッドの原因【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (金, 20 10月 2017)
オスグッドの人の膝関節可動域を測定すると、多くの場合、屈曲可動域が減少しています。   膝屈曲可動域の減少は、大腿四頭筋(太もも前)の柔軟性低下によるものです。   その原因は、 1:大腿四頭筋の短縮 2:大腿四頭筋が過伸張(伸ばされすぎ)して緊張している の主に二つです。
>> 続きを読む

大腿筋膜張筋について【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (金, 20 10月 2017)
大腿筋膜張筋が柔軟性を失うと、骨盤の前傾(両側短縮の場合)や骨盤の傾斜(片側短縮の場合)を引き起こします。   大腿筋膜張筋のストレッチは、股関節を内転(骨盤側方傾斜に伴う)伸展(骨盤後傾に伴う)外旋ですので、爪先を少し外側に開いて、その脚で片足立ちすると簡単に出来ます。
>> 続きを読む

仙腸関節について【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (木, 19 10月 2017)
仙腸関節については2000年以上論争があり、Colachisら、Millerら、Sturesson、Smidtら など数多くの文献が発表されています。   研究結果に多少違いはあるものの、動きはわずかです。 恥骨結合、仙腸関節共に動き自体わずかで、骨盤が、肉眼で判るほど開くことはありません。
>> 続きを読む

骨盤が開いている【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (水, 18 10月 2017)
「私の骨盤開いてますか?」この質問は、非常に答えにくいです。   「骨盤が開く」の定義がはっきりしていないからです。   骨盤で可動性がある部分は、恥骨結合と仙腸関節です。   この2箇所が開くことを「骨盤が開く」と定義するなら、そもそも、肉眼で判るほど開くことはありませんので安心してください。
>> 続きを読む

姿勢の歪みが度を超えると【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (水, 18 10月 2017)
姿勢の歪みは、ある程度までは機能的に有利に働く要素がありますが、度を超えると筋肉・関節を痛める原因になります。   姿勢を改善する時に、「何が何でも真っ直ぐまで戻す」と、機能的に有利な部分を消してしまう事になるので、ライフスタイルに有利に働く歪みを残す事が大切と考えています。
>> 続きを読む

姿勢が歪むと【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (水, 18 10月 2017)
姿勢の歪みが度を超えると、   関節では 【運動軸に異常が出て、関節を痛める / 関節モーメントが増大し、関節の負荷が増える】   筋肉では 【伸張性の筋力低下 / 適応性の筋短縮 / 防御性の筋スパズム 】   などの問題が出ます。
>> 続きを読む

姿勢が歪む原因【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (水, 18 10月 2017)
仕事趣味スポーツなど各個人のライフスタイルに応じて、筋肉や関節可動域はカスタマイズされ、その人にとって機能的で効率の良い身体が作られていきます。   カスタマイズは、機能的に有利に働きますが、度を超えると姿勢の歪みの原因の一つになり、身体に負荷がかかりすぎて故障の原因になります。
>> 続きを読む

姿勢改善とは【三重県伊勢市のトレーナーblog】 (水, 18 10月 2017)
姿勢とは、「身体各部位の相対的位置関係」のことで、簡単に言うと各パーツの配置です。   福笑いは、各パーツは同じでも配置によって顔が随分変化します。   姿勢も同じで、各部位がどのような位置に配置されているかによって個人の姿勢が決定されます。この配置を変えていくことが姿勢改善です。
>> 続きを読む